トップ 会社四季報オンライン 利用ガイド スクリーニング項目など 四季報スコアの主な仕様

四季報スコアの主な仕様

6つの評価項目(成長性、収益性、安全性、規模、割安度、値上がり)を総合評価したのが四季報スコアです。

6つの評価項目の主な算出仕様は次の通りです。

□成長性
売上高(本決算)の直近5期実績を対象にした年平均成長率で評価します。
成長率が10%以上は評価5、5%以上10%未満が評価4、2%以上5%未満が評価3、0%以上2%未満が評価2、0%以下が評価1になります。
会計基準の変更や変則決算期が含まれる場合は一定の調整を行っています。

□収益性
売上高経常利益率(本決算)の直近5期実績の平均値で評価します。
11%以上が評価5、7%以上11%未満が評価4、4%以上7%未満が評価3、2%以上4%未満が評価2、4%未満が評価1になります。
会計基準の変更や変則決算期が含まれる場合は一定の調整を行っています。

□安全性
直近本決算の自己資本比率で評価します。四半期決算は対象にしません。
80%以上が評価5、60%以上80%未満が評価4、40%以上60%未満が評価3、20%以上40%未満が評価2、0%以上20%未満が評価1になります。
金融業種は評価不能扱いにしています。東洋経済業種分類60業種のうち「大手銀行」「地方銀行」「証券・先物」「リース・消費者金融」「損害保険」「生命保険」に区分される銘柄が該当します。

□規模
前営業日の時価総額で評価します。
1.5兆円以上が評価5、5000億円以上1.5兆円未満が評価4、2000億円以上5000億円未満が評価3、500億円以上2000億円未満が評価2、500億円未満が評価1になります。

□割安度
今期PER(株価収益率)で評価します。
10倍未満が評価5、10倍以上15倍未満が評価4、15倍以上30未満が評価3、30倍以上80倍未満が評価2、80倍以上が評価1になります。

□値上がり
株価の250営業日前比値上がり率で評価します。
対象全銘柄を値上がり率で大きい順に5つに区分します。そのうち、値上がり率の最も高い区分(80%以上に相当)が評価5、次の区分(60%以上80%未満)が評価4、(40%以上60%未満が)評価3、(20%以上40%未満が)評価2、(0%以上20%未満が)評価1と続きます。

■四季報スコア
6つの評価項目の平均値で評価します。
平均値4.5以上が評価5、3.5以上4.5未満が評価4、2.5以上3.5未満が評価3、1.5以上2.5未満が評価2、1.5%未満が評価1になります。
6つの評価項目に評価不能項目が含まれていても、残りの評価項目で平均値を算出します。

レーダーチャート内の点線は所属業種内(東洋経済業種分類60業種)の中央値です。点線と比較することで業種内の立ち位置が分かります。