トップ 会社四季報オンライン 利用ガイド スクリーニングを使いこなす スクリーニング画面の見方

スクリーニング画面の見方

新しい検索条件を作成する画面です。ユーザー独自の検索条件を作成するときは、この画面から始めます。

➀「おすすめ」:あらかじめ登録してある編集部がおすすめする条件を呼出します。
「サンプル条件」:あらかじめ登録してあるサンプル条件を呼び出します。
「保存した検索条件」:ユーザーが保存した検索条件を呼出します。
検索条件は、ベーシックプランでは最大50件、プレミアムプランでは最大100件保存することができます。
「新規作成」:ユーザーが新規にスクリーニング条件を作成するときはここから始めます。
②新規にスクリーニング条件を作成するときは「新しい検索条件」と表示されています。
③「この条件を削除」「この条件式を保存」:スクリーニング条件を削除、保存します。
④スクリーニング条件を作成するタブが「スクリーニング項目設定」、検索結果画面で項目の優先順位を設定するのが「検索優先順位設定」、検索結果画面に項目の表示有無を設定するのが「結果表示設定」です。
⑤⑥スクリーニング条件の概要表示:設定したスクリーニング条件が表示されます。一つの条件式中でスクリーニング項目は最大30項目設定することができます。条件数値を修正するときは、⑨のノートマークをクリックします。⑤の番号で⑫のスクリーニング条件の組み合わせの設定を行います。
⑦検索結果に該当スクリーニング項目を表示するときはチェックをいれます。
⑧該当のスクリーニング項目でスクリーニングされる件数を表示します。
⑨スクリーニング項目の編集画面が現れます。
➉スクリーニング項目を削除します。
⑪「項目の追加」:新たにスクリーニング項目を追加します。
⑫スクリーニング項目間の条件を設定します。「AND」「OR」「()」、⑤のスクリーニング項目の条件No.で設定できます。「件数取得」で事前に検索結果件数を把握できます。
⑬⑭絞込み1:市場で検索結果を絞込みます。初期設定は「ETF・REIT等を除く全銘柄」です。
 絞込み2:ウォッチリスト(ユーザーの登録銘柄)で検索結果を絞込みます。
 絞込み3:東証33業種、東洋経済業種分類60種、日経225で検索結果を絞込みます。
⑮検索結果を表示します。検索結果は別タブになります。